プロイベント | ファンスカ

2024年6月, News, プロイベント

★New【Report】ビギスカフェスタ with 杉本梨沙プロ 開催しました(6月23日)

本日は、横浜ドルフィンスカッシュクラブにて、杉本梨沙プロをお招きしてのビギスカフェスタ開催です!
先週のアジア選手権団体で、日本チームの銅メダル獲得に貢献した杉本プロ。
帰国してすぐのイベント開催、有難うございます。
今週は、日程の関係もあり、少しこじんまりとしたフェスタとはなりましたが、その分参加者は、TOPレベルのスカッシュを存分に体感することが出来ました。

ビギスカは独自のハンデ戦で開催されますが、ハンデの内容は長らく変わっていません。
その中で、レベル3差以上のハンデ(フロントコートにバウンドしたらアウト)については、実力差を埋められないという声が寄せられていました。
そこで今回、杉本プロにご協力いただき、新しいハンデ内容で試行することとしました。
新ルールは、「フロントウォールのサービスラインより上に当てなければならない」という縛りです。

杉本プロはSランクですので、Cランクの爺とはレベル3差。
緒戦から、早速お試しです。

戦前には、「プロには圧倒的に勝ってもらわなければならないのに、接戦になったらどうしよう」などと、運営の立場での心配なぞしていた爺でしたが、不遜であったと一瞬で思い知らされます。
どこからでも上げてくる正確なロブ、強引に攻めても簡単にピックアップ、しまいにはゆるーいドロップで前後にも振られる始末。
こうなるともう自滅への道、一直線。
自分の下手くそさに落ち込んで、長い5分間が終わりました。

しかしながら、それは私の実力のせいばかりではありませんでした。
ファンスカ主宰も、実力派のパン屋のケンちゃんも、草スカッシュランキング1位のKさんも、正確無比なロブに翻弄されます。
さらに、クロスも打てない縛りを追加したKさん、Tさんも撃沈。
Cちゃんは、バックウォールはアウトという縛りまで追加したのに、涼しい顔でコントロールされます(ラリーが続いて楽しそうだったけど)。
果敢にもオールコートで戦ったTっちーも、当然玉砕。

メダリスト、恐るべし。
杉本プロ曰く、「以前なら厳しいハンデだったかもですが、今はちょうどロブの練習をしていて、精度が上がっていたので・・・」。
まあ、なんて謙虚なんでしょう。

イベント後は、プロを囲んでの懇親会。
技術論、アジア選手権の裏話、スカッシュ界の今後などを熱く語らい、あっという間の2時間でした。

杉本プロは、今週はダイナムカップに出場です。
ファンスカ一同、ご活躍をお祈りしています!

【Report】プレミアムちょいスカ for テクニカル 開催しました(5月17日)

毎月開催の、佐野コーチのテクニカルレッスン。
今日は、参加者が3人しかいないので、ひとりひとりにきめ細かいレクチャーを受けることができ、贅沢な時間を過ごしました。

テーマは、「クロスとボーストを使った正しいラリーの組み立て方」。
ここ最近は、フォーカスされるショットは変わっても、やろうとしていることは同じです。
簡単に言えば、「スキル練習」ではなく「実戦的な練習」(ゲームをするわけではない)。

来るショットが決められたパターン練習は、あくまでスキル練習(もちろん大事)。
でもゲームでは、相手のショットは決まっていません。
では、どうすればいいかというところが論点です。

「考えるな、決めろ」という、ブルースリーのような格言で総括されました。

終了後、「よし、日曜日に2時間、今日の復習練習だ!」と盛り上がる我々に佐野コーチが一言。
「2時間なんて集中力が続かず、惰性の練習では悪いことしか身に付きませんよ」

ウォームアップ20分、スキル練習30分、実戦的練習40分の配分で、長めの休憩時間で集中力を回復して、たっぷり2時間、練習してやりましたぜ!

佐野コーチレッスンはストレート・ボースト・クロスが打てる人なら楽しめますので、是非ご体験ください!

(爺)

過去のテクニカルちょいスカのレポートは以下からどうぞ。

2024年4月開催分2024年2月開催分2023年12月開催分2023年11月開催分2023年10月開催分2023年9月開催分2023年7月開催分2023年6月開催分

【Report】ビギスカフェスタ with 机龍之介プロ 開催しました(4月28日)

先日のPSAツアーで優勝し、World Championshipsの出場権を勝ち取った机龍之介プロ。
エジプトへ乗り込む直前、束の間の日本での休息期間に、ファンスカに登場してくれました!!

ビギスカフェスタは、4人1チームで、4チームの総当たり戦。
うち、プロのチームだけは1人チームとなり、全参加者と戦うこととなります。

参加者同士の対戦も、ビギスカ独自のハンデ戦ですので、スカッシュレベルに関わらず白熱しました。
今回は初めてラケットを握るKさんが、ゲームを重ねるごとにショットが力強くなっていく様が見ものでしたね。

そして何といっても机プロ。
今日も、類い稀なる反応速度で魅せてくれました。
初級者はコートを制限してのハンデ戦、慣れた参加者は、ショットを忖度してもらってのオールコートで、長いラリーを楽しみます。
ガチで打ち合いたい人は、バックコートのみの制限をかけるも、やはり結果は同じ。
ズタズタに体力を削られながら、1~3点くらいは取らせてもらって、気分良くゲームを終えていきます。

しかも、プロのボールが良いおかげなのか、みんな質の高いラリーを繰り広げます。
コントロールも、構成も、1ランクアップした感じでした。

そんな中、爺は、「忖度無し」のオールコートで瞬殺を要望。
PSAレベルのショットを体感したかったというのは建前で、実はラリーで疲れたくないという邪まな意図。
はたして、ドライブは振り遅れ、キルショットは見失い、ドロップには動けず、常に逆を突かれ、3分間で18-0というスコアでの惨殺劇が終わりました。
そして、ラリーはしていないはずなのに、足はパンパン、息は絶え絶えという摩訶不思議。
普通にラリーしてもらえばよかった…。
まあ、観客には楽しんでもらえたので、ヨシとしましょう!

総得点で競うビギスカフェスタ。
結果は2位チームにダブルスコアをつけて、机プロチームの優勝となりました!

懇親会では、参加者ひとりひとりから机プロへ激励のメッセージを伝えることができました。
ファンスカは(いや、日本のスカッシャーは全員)、机プロの世界での活躍を応援しています。
GW明けからのエジプト遠征、まずは無事にエアチケットが取れますようにwww。

 

【Report】プレミアムちょいスカ for テクニカル 開催しました(4月19日)

毎月のお楽しみ、佐野コーチのテクニカルレッスン。
今日はどんな確変を味わうことができるか、ワクワクです。

テーマは、「基本的なボールを打つまでの作業ルーティン」
相変わらず、言葉を聞いただけでは何のこっちゃ?です。

要は、ボールを打つ準備をしましょう、ということ。
自分が打ったボールに対して、相手がどんな返球を選択できるかを判断して、最適な位置と体勢と心構えで準備する。
まさに言うは易し、です。

「準備」にフォーカスした条件付けラリーを行ない、いかに私たちが漫然とスカッシュをしていたかを突きつけられました。
ケースバイケースで、具体的な準備方法をアドバイスいただきながらの珠玉の1時間。
もっと若い頃に佐野コーチに出会いたかったなぁと、つい思ってしまいます。
が、しかし!
人生は100年時代。
今日、この教えに出会えたことに感謝し、頑張ってスーパー爺を目指すと誓うのでした。
(問題はモノ忘れが激しいこと…)

次回の佐野コーチレッスンは5月17日(金)。
若い皆さんこそ、是非体験をお勧めします!

過去のテクニカルちょいスカのレポートは以下からどうぞ。

2024年2月開催分2023年12月開催分2023年11月開催分2023年10月開催分2023年9月開催分2023年7月開催分2023年6月開催分

【Report】伊藤明コーチイベント_ビギスカフェスタを開催しました(4月14日)

久しぶりに私、さでぃがレポートします!
今回は、ビギスカフェスタに伊藤明コーチが初参戦。
15名で、ドルフィンスカッシュにて開催しました。

初参加のKさんは最初こそハンデ戦に戸惑っているようでしたが、観戦しているうちにしっくりきたようで、試合を楽しまれていたようでした。

恒例のドルフィンオーナーによる「両手しばりスカッシュ」も行われて、初めて観た伊藤明コーチはかなりびっくりされておりました。

そして、何と言っても伊藤明コーチ!!
その人柄と規格外の身体能力で参加者全員が完全に魅了されてしまいました。
(『アキラ推し』がますます増えたことは言うまでもありません!)

みんなバックコートラリーのハンデをもらったり、オールコートで「忖度」というハンデをもらったり、思い思いのスタイルで伊藤明コーチとの試合を楽しんでました。

横浜の締めは何と言っても中華街での飲み会!!
伊藤明コーチを囲んで、スカッシュ談義に花が咲きまくりました。
伊藤明コーチが取り入れているトレーニングや、スカッシュに役立つTips盛りだくさんの、楽しいひと時を過ごしました。