【Report】宮崎ツアー 開催しました(2月3日~4日) | ファンスカ

2024年2月, News, 活動の様子

【Report】宮崎ツアー 開催しました(2月3日~4日)

ついに、宮崎県にてファンスカイベント開催!
YouTube「まよりこスカッシュ!!」でおなじみの道下コーチに会いに、「スカッシュbuddy」(宮崎市)にお邪魔してきました。

まずは初回ということで、今回は少人数での来訪。
主宰と爺に加え、九州行くならと手を挙げてくれたMちゃんの3人での珍道中の始まりです。

事件は早速、早朝の羽田空港で起きました。
搭乗口に並びながら、Mちゃんの挙動がおかしい。
どうやら搭乗券を失くしたらしい(汗)。
その場で荷物を広げても見つからず、保安検査場までの道を戻って探すが落ちていない。
紛失を申告して、対処してもらうも、離陸時間が迫る中、名前のローマ字を打ち間違えてテンパるスタッフ。
スカッシュやる前に、冷たい汗を大量にかきましたが、なんとか定刻通り離陸し、珍道中のスタートです。

そもそも、旅の計画段階から、かなり苦労した今回のツアー。
まず時期が悪かった。
宮崎と言えば、プロ野球のキャンプ地として有名ですが、まさに2月はキャンプシーズン。
4球団の選手・関係者とファンが押し寄せているため、飛行機は取れないわ、宿は高いわで、もう大変。
苦肉の策で、鹿児島空港を利用し、レンタカーで観光しながら宮崎に向かうルートを選択することとなりました。

といっても、どんな環境でも楽しんじゃうのがファンスカ魂。
国宝の霧島神宮でツアーの成功を祈願し、焼酎の蔵元を見学し、黒豚グルメのランチをいただき、宮崎道を快走ドライブして、無事に30分押しでbuddyに到着です。

壁がヒノキ張りという珍しいコートで、道下コーチのもと、まずは宮崎(九州)のスカッシャーとの交流スカッシュ会の開始です。
その後、東京組3人だけ、コーチのプライベートレッスンを受講し、ボーストの何たるかを伝授いただき、充実の初日が終わりました。

夜はお待ちかねの懇親会。
コート近くのオススメ居酒屋で、宮崎グルメとお酒の至福の時間。
チキン南蛮、鶏もも炭火焼、宮崎牛のカルパッチョ、そして宮崎といえば芋焼酎。
今や東京で何でも手に入る世の中ではありますが、やはりご当地での飲食は格別ですね。
ホテルに帰ってからも、YさんとNさんから差し入れでいただいた焼酎を部屋飲みし、宮崎の長い夜を堪能しました。

二日目は、せっかくなので、早起きしてソフトバンクのキャンプ見学。
小雨混じりの生憎の天候でしたが、大勢のファンが詰めかけていてビックリです。
ゆっくりしている時間は無いので、野球している姿は見られませんでしたが、歩いている小久保監督を見れただけで、にわかファンの我々は満足ですwww。

11時から、再びbuddyにてイベント開催です。
今日は宮崎組6人、我々3人、道下・笠井両コーチの計11人で、ビギスカリーグです。
3人×3チーム+コーチ2人のチームの、計4チームによる総当たりの団体戦。
宮崎組は初級者中心のメンバーだったので、ビギスカ独自のハンデマッチにぴったりでした。
とはいえ、結構打てる方ばかりなこともあり、参加者同士の戦いは白熱しました。
また、普段は対戦することのないコーチたちとの試合では、打てる場所を制限されたコーチを翻弄する場面も何度も見られ、ビギスカならではの魅力を楽しんでいただけたかと思います。
主宰と爺は、縦半面縛りというハンデをもらって、ともに笠井コーチに挑戦しましたが、あえなく撃沈。
やはり本物は違いますな。

二日間、皆様に歓待いただき、楽しんでいただき、短いながらも充実した時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました!
再訪を誓ってbuddyを後にした我々は、帰路、霧島温泉に立ち寄って硫黄の香りを身に纏い、珍道中を終えたのでした。